デンタルビューティーセラピスト®認定資格講座

歯科助手

デンタルビューティーセラピスト協会とは

あらゆる角度から患者の美容と健康維持をサポートできる優秀な人材育成

私たち歯科スタッフには、過去の学びから未来を予見し新たなる価値で患者様をサポートできるこがまだあるはず。歯科医院の安全対策デンタルエステなら日本デンタルビューティー協会


新しい仕事や環境にも慣れてきた。私はこの仕事が好きだと改めて思った。
次のステップを目指してずっと続けて行きたい。
私にまだ何か役立てる事はないだろうか。
助手でも習得できる資格はないか?
パンダそんなあなたの悩みを全て解決!
【デンタルビューティーセラピスト®】認定資格講座
歯科で働くあなたの可能性を最大限に引き出すことができる講座がここにあります。 これからの歯科医院に必要なベーシックかつオールマイティな認定資格が明日からあなたのクオリティーをアップします。
  • 隙間時間に自分のペースで学習できる
    隙間時間にあなたのペースで学習できる"歯科専門通信講座”のご案内

案内する看護師

 

資格認定科目について

自宅学習

歯科救急対応 予想外の患者急変時にも慌てない!チームで取り組むべき対応

デンタルエステ 予防水準を高め審美歯科マーケティングの架け橋にもなる

歯科接遇マナー 組織力強化で患者さん自らが通い続けてくれる医院作り

歯科アロマテラピー 患者さんが心地よく感じる季節の空間作り

 

デンタルエステとは

デンタルエステとはそもそも美容界に入ってきた歯磨きエステから歯科業界にて進化しています。(現在、美容業界で歯科衛生士以外が施す歯磨きエステサロンは実在していません。)
人のお顔、鼻から下の領域は歯科領域であります。その領域の施術が今話題のデンタルエステとして発展してきています。治療の延線上に位置し美容的に改善することが目的となるデンタルエステの施術内容はさまざまですがデンタルビューティーセラピスト協会にて習得できるデンタルエステは3科目となります。
           

これからの市場ニーズにも応えられる歯科医院へ

なぜ今、歯科安全医療とデンタルエステなのか?時代は令和に変わり市場が歯科に求めることは変化してきています。治療のほか予防や審美へのニーズが高まっています。興味はあるがどのような形で新しいニーズにも応えて行けばいいのだろうか。
人は誰もが変化を苦手としますが少しでも自分の『成功』に近づくためには新しいことにチャレンジし停滞することを避けることが大切。時代の流れや変化に合わせた医院の成長戦略を医院全体で計画すれば最初は上手く行かないことが生じたとしても成功へのアイデアが出てきます。一番の『失敗』は停滞と後回しを繰り返すことです。明日の歯科医院のために!『成功する学び』をどんどん積み上げていってください。

市場ニーズに興味がある方へ、下記情報資料を無料プレゼントしています。

冊子 歯科業界からキレイを発信!デンタルエステから審美を成功させる情報満載

お知らせ ~10月5日22時から22時半に無料冊子のお申込みのメールをいただいた方、メール受信に不具合が生じたため、お手数をおかけしますが再度お申込フオームより送信をお願い致します。

 

下記フォームに必須事項ご記入ください。題名に冊子希望をご記入の上メッセージ欄に送付先住所、電話番号をご記入いただき送信してください。

 

気になることはお気軽にお問い合わせください

 

 

悩む女性
どの科目受講から始めたら良いですか?またお勧め講座はどの講座になりますか?
全ての基礎となる接遇マナー科目からの受講をお勧めします。当協会の接遇マナーは未経験者から管理者までが幅広い従事者が自主的に考え行動ができるようになるプログラムとなっています。ここから成功につながるベーシック講座であります。
お勧め講座は?
従事者や医院の目的により変わりますが、特に開業前、または開業間もない医院様には「歯科接遇マナー」をお薦めいたします。当協会の「歯科救急対応講座」は全ての歯科従事者に絶対必須といっても過言ではないほどお薦めします。安全対策分野でもより深い救急対応が集中して学べる講座になっています。医院の安全管理をハイレベルにする事で患者さんから圧倒的に信頼されます。医院を守るためにも必要な講座です。
助手がリップエステやリンパマッサージを行うことはできるのですか?
はい。可能です。リップと口周りの施術は一般のフェイシャルエステの扱いとなりますので国家資格は関係なく施術可能となります。患者様の口周りのケアができることで自信をもって歯科従事に励めるようになります。
歯科医院全体での受講は可能ですか?
可能です。テキストを医院スタッフ全員で把握し資格認定試験は代表者が受験していただく形式になります。認定証発行に関しては個人名ではなく医院名にてご対応します。但し、医院会員としての入会が必要となります
資格保持者は就職活動で有利になるのでしょうか?
はい。ご存知の通り、歯科臨床現場はスムーズに業務を行えることが理想となります。その為基本的な業務をより理解しているかしていないかで優遇度に差が生じてきます。